TOYOTA COROLLA LEVIN/SPRINTER TRUENO (AE101)の概要

FF2代目のレビン/トレノで1991年に登場。ハブル期に設計されたこともあり、各部にコストがかけられたつくりとなっている。

廉価グレードSは1.5ℓ直4の5A-FE、普及グレードSJは1.6ℓ直4の4A-FEとハイメカツインカムを搭載。スポーツグレードは、スーパーチャージャー仕様の4A-GZEを載せ、スーパーストラットサスを標準装備するGT-Zと、20バルブ化+4連スロットル採用の4A-GE(160ps/16.5kgm)を搭載するGT APEX(スーパーストラットサスはOPT設定)/GTが用意された。

GT-Zはスーパーチャージャープーリーの交換によるブーストアップで比較的簡単にパワーアップが可能。また、車重がかさんでいるため、軽量化も効果的なチューニングと言える。

TOYOTA COROLLA LEVIN/SPRINTER TRUENO GT-Z (AE101)のスペック

メーカー:トヨタ
車名:カローラレビン/スプリンタートレノGT-Z
車両型式:AE101
全長×全幅×全高:4300×1695×1305mm
車両重量:1150kg
エンジン型式:4A-GZE
エンジン形式:直4DOHCスーパーチャージャー
排気量:1587cc
最高出力:170ps/6400rpm
最大トルク:21.0kgm/4400rpm

  • シェア

コメントを投稿する