HONDA CIVIC (EG6)の概要

5代目EG系、通称“スポーツシビック”は1991年にデビュー。ボディバリエーションは3ドアハッチバックと4ドアセダン(フェリオ)で、5ドアのシャトルはラインアップから外された。

エンジンは先代EF9と同じ1.6ℓ直4DOHC VTECのB16Aだが、パワーで10ps、トルクで1.0kgm向上(170ps/16.5kgm)。その発生回転数も200~300rpm高まり、高回転高出力型の特性をさらに強めた。競技ベース車両のSiRに対してSiR-Ⅱは、パワーウインドウや集中ドアロック、チルトステアリングが標準装備となる。

先代EF系や後継EK系に比べてトータルバランスに優れているため、とくにサーキットでは今でも一線級のパフォーマンスを見せるのがEG系だ。

HONDA CIVIC SiR-Ⅱ (EG6)のスペック

メーカー:ホンダ
車名:シビックSiR-Ⅱ
車両型式:EG6
全長×全幅×全高:4070×1695×1350mm
車両重量:1050kg
エンジン型式:B16A
エンジン形式:直4DOHC VTEC
排気量:1595cc
最高出力:170ps/7800rpm
最大トルク:16.0kgm/7300rpm

  • シェア

コメントを投稿する