NISSAN FAIRLADY Z 300ZX 2シーター(Z31)の概要

1983年、3代目Z31系フェアレディZが登場。スタイリングは初代S30から続く伝統のロングノーズ&ショートデッキで、ヘッドライトにはセミリトラクタブル式を採用。ボディバリエーションは2シーターと、全長&ホイールベースを200mm延長した乗車定員4名の2by2が存在する。

トップグレードの300ZXが搭載するVG30ETは当時、国産エンジン最強の230ps/34.0kgm(グロス値)を誇った。また、2ℓV6SOHCターボのVG20ETを搭載する200ZXもラインアップされ、1985年には2ℓ直6DOHCターボRB20DET搭載の200ZR系Z31系が追加された。

1986年、300ZXのボディパネルを全面的に変更するビッグマイナーチェンジを行いワイドボディ化。ミッションは4速ATのみの設定となった。また、200ZXがカタログモデルから外れ、シリーズ唯一のNAエンジン+5速MTモデルとなるVG30DE搭載の300ZRが新たに加わった。

NISSAN FAIRLADY Z 300ZX 2シーター (Z31)のスペック

メーカー:ニッサン
車名:フェアレディZ 300ZX 2シーター
車両型式:HZ31
全長×全幅×全高:4335×1725×1295mm
車両重量:1325kg
エンジン型式:VG30ET
エンジン形式:V6SOHCターボ
排気量:2960cc
最高出力:230ps/5200rpm
最大トルク:34.0kgm/3600rpm

  • シェア

コメントを投稿する