MITSUBISHI FTO (DE3A)の概要

GTOの弟分として1994年に登場したFFスポーティクーペ。傾斜のきついピラーやコンパクトなキャビンがスペシャリティ感を高めている。

グレードは1.8ℓ直4SOHC(125ps/16.5kgm)4G93を搭載するGS、2ℓV6DOHC(170ps/19.0kgm)6A12を搭載するGR/GX(後期型)、同MIVEC(可変バルタイ)仕様6A12(200ps/20.4kgm)を搭載するGP/GPXで展開。ミッションは5速MTの他、国産車初のマニュアルモード付き4速AT“INVECS-Ⅱ”が用意された。

三菱はこのINVECS-Ⅱに力を入れ、ライバルのセリカ、シルビア、インテグラなどはMTモデルが主力だったのに対して、FTOはAT推しだったのが販売面での特徴。そのため、中古車市場でMTモデルを探すのが難しい状況になっている。

MITSUBISHI FTO GPX (DE3A)のスペック

メーカー:ミツビシ
車名:FTO GPX
車両型式:DE3A
全長×全幅×全高:4320×1735×1300mm
車両重量:1170kg
エンジン型式:6A12
エンジン形式:V6DOHC MIVEC
排気量:1998cc
最高出力:200ps/7500rpm
最大トルク:20.4kgm/6000rpm

  • シェア

コメントを投稿する