NISSAN SKYLINE GT-R (BCNR33)の概要

1995年の東京オートサロン会場で新車発表会が行われたBCNR33。BNR32に対して全長で130mm、ホイールベースで105mm大きく、車重で約100kg重くなったことがネガティブに受け取られがちだが、最大トルクを向上させたエンジンと制御系が進化したアテーサE-TSのおかげで動力&運動性能は向上している。

特に高速域での直進&コーナリング安定性が格段にアップ。ニュルブルクリンクのテストではBNR32を21秒も上回る7分59秒というラップタイムをマークし、「マイナス21秒ロマン」というキャッチコピーがつけられた。

グレード展開は標準車と、アクティブLSD採用のアテーサE-TSプロを搭載し、足回りにも専用セッティングが施されたVスペック、N1耐久参戦用のベースモデルVスペックN1。

また、ル・マン24時間耐久レースへの参戦を記念したLMリミテッドや、スカイライン生誕40周年を記念した4ドアのオーテックバージョン、400psを誇るニスモのコンプリートカー400Rなど、限定モデルも登場した。

BCNR33の時代になるとエンジンチューンはパワーと耐久性の両立が図れるようになり、ストリート仕様で500~600psは当たり前、800~1000ps級のチューンドカーも見られるようになった。

NISSAN SKYLINE GT-R (BCNR33)のスペック

メーカー:ニッサン
車名:スカイラインGT-R Vスペック
車両型式:BCNR33
全長×全幅×全高:4675×1780×1360mm
車両重量:1540kg
エンジン型式:RB26DETT
エンジン形式:直6DOHCツインターボ
排気量:2568cc
最高出力:280ps/6800rpm
最大トルク:37.5kgm/4400rpm

  • シェア

コメントを投稿する