HONDA INTEGRA Type R (DB8)の概要

1995年登場のインテグラタイプRには4ドアモデルDB8もラインアップ。3ドアモデルのDC2に比べてホイールベースが50mm長い2620mm、車重も+40kgの1100kgとなる。同一車種でありながら、3ドアモデルと4ドアモデルで異なるシャシーを使っているところに、インテグラタイプRに対するホンダの意気込みが感じられる。

搭載エンジンはB18Cで、DC2とまったく同じスペック。1998年のマイナーチェンジで「98スペック」に進化するが、その内容もDC2と同じ。当時、4ドアのFFスポーツモデルとして世界屈指の速さとハンドリングを実現していた。

HONDA INTEGRA Type R (DB8)のスペック

メーカー:ホンダ
車名:インテグラタイプR
車両型式:DB8
全長×全幅×全高:4525×1695×1355mm
車両重量:1100kg
エンジン型式:B18C
エンジン形式:直4DOHC VTEC
排気量:1595cc
最高出力:170ps/7800rpm
最大トルク:16.0kgm/7300rpm

  • シェア

コメントを投稿する