MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IV (CN9A)の概要

ついに280psを実現し、トルクも一気に5.0kgmアップを果たしたエボリューションⅣは1996年発売。ベースのランサーがフルモデルチェンジしたことでシャシーも一新されている。最大のトピックは、GSRのリヤデフに内蔵されたAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)。

これは左右後輪への駆動トルク配分を積極的に可変させ、コーナリング性能を飛躍的に高める電子制御デバイスだ。さらに、Cd値(空気抵抗係数)0.30、CL値(リフト量)0.0と、4ドアセダンとしては世界最高レベルの空力性能も実現している。

MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IV (CN9A)のスペック

メーカー:ミツビシ
車名:ランサーGSRエボリューションⅣ
車両型式:CN9A
全長×全幅×全高:4330×1690×1415mm
車両重量:1350kg
エンジン型式:4G63
エンジン形式:直4DOHCターボ
排気量:1997cc
最高出力:280ps/6500rpm
最大トルク:36.0kgm/3000rpm

  • シェア

コメントを投稿する