MITSUBISHI LANCER EVOLUTION V (CP9A)の概要

全幅を1770mmに拡大し、歴代初の3ナンバーボディとなったエボリューションⅤ。発売は1998年。ワイドボディ化はタイヤ及びブレーキの容量アップが目的で、標準装着タイヤは225/45-17サイズ、ブレーキはフロント対向4ポット、リヤ対向2ポットのブレンボ製キャリパーが備わる。

エンジン関係ではノズル面積を拡大したタービンと16ビットECUを採用。ブーストアップにより最大トルクが38.0kgmに向上した。チューニングに対するポテンシャルも高く、サーキットアタックではGT-Rと互角以上の速さを見せた。

MITSUBISHI LANCER EVOLUTION V (CP9A)のスペック

メーカー:ミツビシ
車名:ランサーGSRエボリューションⅤ
車両型式:CP9A
全長×全幅×全高:4350×1770×1415mm
車両重量:1360kg
エンジン型式:4G63
エンジン形式:直4DOHCターボ
排気量:1997cc
最高出力:270ps/6250rpm
最大トルク:38.0kgm/3000rpm

  • シェア

コメントを投稿する