MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅲ (CE9A)の概要

エボリューションⅢは1995年に登場。4G63は改良が進み、圧縮比アップや大容量タービンなどによって10psアップの270psに到達したが、エンジンチューンでのトラブルも多発した。一方、駆動系はエボリューションⅡからのキャリーオーバーで特筆すべき変更点はない。

見どころはエアロパーツで、限界まで開口部を拡大したフロントバンパーを始め、大型化されたサイドスカートやリヤウイングなどが迫力の外観を演出している。これらは空力性能と冷却性能を高めるのが一番の目的で、機能に裏付けられたデザインと言える。

MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅲ (CE9A)のスペック

メーカー:ミツビシ
車名:ランサーGSRエボリューションⅢ
車両型式:CE9A
全長×全幅×全高:4310×1695×1420mm
車両重量:1250kg
エンジン型式:4G63
エンジン形式:直4DOHCターボ
排気量:1997cc
最高出力:270ps/6250rpm
最大トルク:31.5kgm/3000rpm

  • シェア

コメントを投稿する