NISSAN SKYLINE GT-R (BNR32)の概要

ケンメリ以来、実に16年ぶりに復活したGT-Rの称号。第2世代GT-Rの幕開けとなるBNR32は1989年デビューした。6連スロットルにツインターボを備えた高回転型ユニットのRB26DETTも、FRを基本としながら走行状況に応じて最大50%まで前輪に駆動トルクを配分するアテーサE-TSも、すべてはツーリングカーレース(グル―プA)での勝利を目指して開発されたものだ。

外装も、GTS-t系とは一線を画すGT-R専用。冷却性能を高める開口部の大きなフロントバンパーに16インチホイール&タイヤを収めるブリスターフェンダー、高速域でダウンフォースを生み出すリヤウイングなど、機能性を高めると同時にGT-Rのアイデンティティにもなっている。

チューニング適応能力もそれまでの国産車のレベルをはるかに超え、最高速、0-300km/h、ゼロヨン、サーキットとあらゆるステージで異次元の速さを見せつけた。同時に日本のチューニング技術も大きく飛躍。BNR32があったから、今のチューニング業界があるといっても過言ではない。

NISSAN SKYLINE GT-R (BNR32)のスペック

メーカー:ニッサン
車名:スカイラインGT-R
車両型式:BNR32
全長×全幅×全高:4545×1755×1340mm
車両重量:1430kg
エンジン型式:RB26DETT
エンジン形式:直6DOHCツインターボ
排気量:2568cc
最高出力:280ps/6800rpm
最大トルク:36.0kgm/4400rpm

  • シェア

コメント

  1. ほるむ より:

    今乗っています。

    この上無い喜びとアドレナリンが溢れ出るマシン。

    一度乗ったら心も体も離れない、そして止められない。

    そんな気がしますね。

  2. 中村行男 より:

    SKYLINE GT-R BNR32は
    どこの車にも似ていないのが
    魅力を感じます(^ネ^).
    特に白い ”GT-Rは
    清潔感があって
    迫力を感じ大好きです.
    KEN &☂ MARY を
    思い出しま(^ス^)。

コメントを投稿する