TOYOTA SUPRA JZA70の概要

セリカXXの北米名であったスープラという車名を、国内で初めて名乗ったモデル。ロングノーズ&ショートデッキの古典的なデザインでリトラクタブル式ヘッドライトを持つ。

1986年のデビュー時は、2ℓ直6の1G-EU、1G-GEU、1G-GTEU、3ℓ直6の7M-GTEUと4種類のエンジンが用意され、3ℓモデルにはブリスターフェンダーのワイドボディ仕様である3.0GTリミテッドや、脱着式ルーフを持つエアロトップなどが用意された。1988年にはグループAのホモロゲモデルとして、専用タービンを持ち制御系も見直されたターボAが限定500台で登場。

1990年のマイナーチェンジで7M-GTEに代えて、2.5ℓ直6ツインターボの1JZ-GTEが搭載された。2.5ツインターボRは、ビルシュタイン製ダンパーやレカロ製シート、モモ製ステアリングホイール&シフトノブ、トルセンLSDなどを標準装備したスポーツグレードだ。ダークグリーンのボディカラーは専用色となる。ハイパワーに耐えるエンジンと優れた空力性能により最高速ステージで活躍。

TOYOTA SUPRA 2.5GTツインターボR (JZA70)のスペック

メーカー:トヨタ
車名:スープラ2.5GTツインターボR
車両型式:JZA70
全長×全幅×全高:4620×1745×1300mm
車両重量:1520kg
エンジン型式:1JZ-GTE
エンジン形式:直6DOHCツインターボ
排気量:2,491cc
最高出力:280ps/6200rpm
最大トルク:37.okgm/4800rpm

  • シェア

コメント

  1. 真っ赤なスープラ より:

    20代の時の湾岸仕様の愛機!改造車検とってまで、走り回った思い出の車です!車の為に働いていた連中が、ゴロゴロいたな😅⤴

  2. 太田 より:

    いつみてもスポーツカーって感じ

コメントを投稿する