TOYOTA MR2 SW20の概要

1989年に発売された2代目。当時のセリカがベースとされ、エンジンは2ℓに拡大。3S-GEを搭載するNAモデルG/Gリミテッド系と、3S-GTEを載せるターボモデルGT系がラインアップ。

Ⅱ型(1991年)で足回りのセッティングが見直され、Ⅲ型(1993年)で燃料系、エンジン補機類、制御系を刷新し、ターボモデルは+20psの245psに向上した。その後も進化型ABSの採用や空力性能の改善など、マイナーチェンジごとに完成度を高めてきた。

GT-SはⅡ型から追加された、GTの装備を簡略化した走りのグレード。エンジンに関しては比較的パーツも多く、吸排気チューンからタービン交換、排気量アップまでメニューは豊富に用意される。足回りはトラクション性能と回頭性のレベルアップを図りたい。

TOYOTA MR2 GT-S (SW20)のスペック

メーカー:トヨタ
車名:MR2 GT-S
車両型式:SW20
全長×全幅×全高:4170×1695×1235mm
車両重量:1270kg
エンジン型式:3S-GTEU
エンジン形式:直4DOHCターボ
排気量:1998cc
最高出力:225ps/6000rpm
最大トルク:31.0kgm/3200rpm

  • シェア

コメントを投稿する