トヨタスターレットGTの概要

“青春のスターレット”をキャッチコピーに1989年登場。ホットハッチやボーイズレーサーと呼ばれる元気のいいコンパクトカーが数多くあった時代で、スターレットもその例にもれず、スポーツグレードとして1.3ℓ直4NAを載せるSiと、同ターボ仕様のGTがラインアップされた。

GTはブースト圧をHi/Low2段階に切り替えられるスイッチを標準で備え、不意にアクセルを踏み込むと盛大にトルクステアが顔を出す、当時のFFハイパワー車にありがちな典型的ジャジャ馬だった。チューニング適応力も高く、吸排気チューンにブーストアップでラクに180psを発揮する。

また、足回りとブレーキに手を入れれば、峠やミニサーキットで格上マシンと互角以上の走りも可能。後期型で丸目4灯式ヘッドライトを採用し、車重は前期型に比べて+30kgの860kgになった。

トヨタスターレットGTのスペック

メーカー:トヨタ
車名:スターレットGT
車両型式:EP82
全長×全幅×全高:3805×1620×1380mm
車両重量:830kg
エンジン型式:4E-FTE
エンジン形式:直4DOHCターボ
排気量:1331cc
最高出力:135ps/6400rpm
最大トルク:16.0kgm/4800rpm

  • シェア

コメントを投稿する