• TOKYO AUTO SALON 2018
  • 2018年1月16日

【東京オートサロン2018】その個性と完成度に海外セレブも注目

ジャガー初のパフォーマンスSUVとして登場したFペイス。ゆとりの動力性能や、スポーツカーを思わせるハンドリングがもたらす爽快なドライビングプレジャーに加え、ドラマチックな美しさとひと目でジャガーと分かるアイデンティティを […]

ジャガー初のパフォーマンスSUVとして登場したFペイス。ゆとりの動力性能や、スポーツカーを思わせるハンドリングがもたらす爽快なドライビングプレジャーに加え、ドラマチックな美しさとひと目でジャガーと分かるアイデンティティを兼ね備えるなど、今や激戦区のSUVカテゴリーにおいて確固たる地位を築いている。



そんなFペイスのモディファイを手がけたのがプロスタッフ。HAMANN製エアロキットの装着によって、本来のスタイリングを一切スポイルすることなく、スポーティさと迫力を付加することに成功している。

エアロキットの構成パーツでまず注目したいのがフェンダーエクステンション。ワイドボディ化によって視覚的な安定感を生み出すと同時に、23インチホイール&タイヤを履かせても、その足下に負けない“上屋”を構築するのに大きく貢献している。

また、エアロキットに含まれるのが3分割構造のフロントスポイラーとリヤセンターパネル。いずれもフェンダーエクステンションとのバランスが考えられていて、セットで装着すれば、どの角度から見ても隙のないスタイリングが完成するのだ。