• TOKYO AUTO SALON 2018
  • 2018年1月15日

【東京オートサロン2018】ハイエンドクーペが魅せる迫力のスタンス

エアロメーカー各社が注目するレクサスのハイエンドクーペ、LC。エイムゲインは、新たに立ち上げた“エイムゲインスポーツ”ブランドからLC用エアロキットをリリースした。 キット構成は、フロントアンダースポイラー、フロントダク […]

エアロメーカー各社が注目するレクサスのハイエンドクーペ、LC。エイムゲインは、新たに立ち上げた“エイムゲインスポーツ”ブランドからLC用エアロキットをリリースした。



キット構成は、フロントアンダースポイラー、フロントダクトフェンダー、サイドアンダーフィン、リヤアンダーディフューザー、GTウイングとなるが、従来とは異なる方法で開発されている。具体的には、まず3Dスキャナーでベース車のスタイリングをデータ化。それをコンピュータに取り込んでエアロを造形し、NC旋盤で削って型をつくっている。

こうして誕生したエアロキットは、LC本来の流麗なスタイリングやハイエンドなイメージを崩すことなく上品にスポーティさをプラス。出展車両は、フロントダクトフェンダーをあえて無塗装とすることでカーボン製であることを主張しているが、ボディ同色での塗装を施せば、さりげなく個性を演出することができる。

また、ボルドワールド製エアサスペンションが組まれ、足下には同社の22インチGTMホイールをセット。究極のロワードによる迫力のスタンスを生み出している。