• TOKYO AUTO SALON 2018
  • 2018年1月16日

【東京オートサロン2018】全身にからじみ出る戦闘的スタイル

車格的にも価格的にも、スーパースポーツの仲間入りを果たした新型NSX。これまでアッパークラスのスポーツカーやセダンを手がけてきたエイムゲインは、そんな新型NSXと対峙してもまるで怯まなかったどころか、それまで守ってきた自 […]

車格的にも価格的にも、スーパースポーツの仲間入りを果たした新型NSX。これまでアッパークラスのスポーツカーやセダンを手がけてきたエイムゲインは、そんな新型NSXと対峙してもまるで怯まなかったどころか、それまで守ってきた自らの流儀を曲げることなく、そこに斬り込んだ。



すでにエイムゲインスポーツブランドでNSX用エアロキットをリリースしていたが、今回はワイドフェンダーを含むエイムゲインGTブランドの新作が発表された。ベース車両は、本来の姿と言える左ハンドルのアキュラNSXだ。

フロントにはドライカーボン製バンパーとアンダースポイラーを装着し、フロント50mm、リヤ70mmのワイド化を実現するオーバーフェンダーで全幅を拡大。サイドステップとリヤアンダースポイラーは当然ワイドフェンダーに合わせてデザインされ、ボリューム感を演出し、テールエンドにはドライカーボン製のデッキスポイラーが装着される。

また、同じく迫力のワイドボディを生み出すR35用エイムゲインGTエアロキットに2017年モデル用を追加。従来型よりもよりアグレッシブなデザインとされたフロントバンパーが最大の特徴となる。

出展車両の中ではフェラーリ458イタリアにも注目で、フロントアンダースポイラー、サイドアンダーフィン、リヤディフューザー、GTウイングで構成されるフルキットを装着。ノーマルのスタイリングにスポーティなアクセントをプラスする。