• TOKYO AUTO SALON 2018
  • 2018年1月16日

【東京オートサロン2018】S660の速さに磨きをかける!

リヤミッドシップのオープン2シーターとして人気を集めるホンダS660。ターボエンジンを搭載するため、チューニングベースとしても注目の1台だ。 日本屈指のチューニングメーカー、HKSもS660のポテンシャルに高い可能性を見 […]

リヤミッドシップのオープン2シーターとして人気を集めるホンダS660。ターボエンジンを搭載するため、チューニングベースとしても注目の1台だ。



日本屈指のチューニングメーカー、HKSもS660のポテンシャルに高い可能性を見出し、デモカーを導入してチューニングパーツの開発をスタート。出展車両は、純正交換タイプのGTⅢ-KXスポーツタービンを軸としたGT100Rパッケージを装着。インタークーラーも純正の空冷式から、状況に左右されにくく常に安定した冷却性能を発揮してくれる水冷式インタークーラーキットに交換される。

エアクリーナーやマフラーなどの吸排気系パーツも同社製が装着され、燃調や点火時期などのECUセッティングはフラッシュエディターで実施。最大ブースト圧は1.2~1.3km/cm2に設定され、110~120psを発揮する。

また、HKSブースの一角に置かれたショーケースには、S660用鍛造ピストンキットやI断面コンロッド、ストッパータイプヘッドガスケットなどを展示。S660のエンジンチューンはまだ始まったばかりで、さらなるパワーアップを可能にするためのパーツ開発が着々と進められているのだ。