• TOKYO AUTO SALON 2018
  • 2018年1月15日

【東京オートサロン2018】セダン部門最優秀賞は“IMPUL 651S”に決定! 【セダン部門 最優秀賞】

日産セダンを知り尽くしたホシノインパルの自信作 スポーティでありながらエレガント。対極にあるかのようなテイストを絶妙のバランスで盛り込んだIMPUL 651Sが、東京国際カスタムカーコンテスト2018 セダン部門の最優秀 […]

日産セダンを知り尽くしたホシノインパルの自信作

スポーティでありながらエレガント。対極にあるかのようなテイストを絶妙のバランスで盛り込んだIMPUL 651Sが、東京国際カスタムカーコンテスト2018 セダン部門の最優秀賞に輝いた。日本モータースポーツ界のレジェンド、星野一義氏が率いるホシノインパルと言えば、東京オートサロン2015でV37スカイラインをベースにしたIMPUL 537Sで栄冠を獲得するなど、日産セダンのカスタマイズならお任せ!といった印象があるが、Y51フーガをベースにしたIMPUL 651Sも素晴らしい仕上がりだ。

上質感と精悍さで魅せるIMPUL 651Sのボディキット



伸びやかで抑揚のあるフォルムが現行フーガの魅力のひとつだが、後期モデルをベースにしたIMPUL 651Sは、さらに美しさと個性を際立たせるため、グリル一体型フロントバンパー、サイドステップ、リアバンパー、リアウイングからなる4点エアロフルキットをまとっている。さらにイルミネーションエンブレムやフロントフェンダーを飾るスポーツダクトなどでドレスアップし、抜群のベンチレーション効果を持ち機能面でも注目が集まるエアロサイドバイザーを装着。あわせてグロスブラックメタルポリッシュがボディカラーにぴったりの20インチ IMPULミレニアム・ホイールで、よりシャープに装った。

 

すべてに満足できる仕立てがホシノインパルの真骨頂

トータルチューンを目指して専用ECUと大径スロットルボディからなるエクストラパワーキットを取り付け、IMPULオーリンズスーパーショック、IMPULブラストⅡマフラーも装着。死角のない全方位のカスタマイズで、その技術力とノウハウを印象づけた。

なお、優秀賞はROZEL ROYALCROWN COMPLETEと、AIMGAIN 純VIP EXE LEXUS LSが受賞している。